2021年5月6日木曜日

傷だらけの青春に。

 


風が強い。
今日は東京の空がとっても綺麗でした。
これを見ている皆さんお元気ですか?
僕はなんとかやってます。
まだまだやらなければいけない事が沢山あるので元気にやっていかなければと思う今日この頃です。
くだらない事ばかりで頭がおかしくなりそうになるけど、多分僕は何が起こっても大丈夫って感じもあります。

長くなりそうです。
では行きますね。

あれは僕がまだ札幌の手稲ってとこにある実家に住んでいた頃。毎日、毎日部屋中に貼られたバンドのポスターやフライヤーばかり眺めながら、リンダリンダラバーソールってバンドをやっていた。札幌でライブをやりまくっていた僕は、その頃東京の街でライブをしたいと思い始めていた。東京から札幌へライブをしに来るバンド達が軒並み輝いて見えて仕方なかった。そんなバンド達が住んでいる街はどんなだろう。どんなライブハウスがあるんだろう。一度も東京に行った事のない僕はただただイメージを青い海みたいに広げていた。そして手紙を書いた。20通くらい。返ってきたのが下北にある屋根裏ってライブハウスと、新宿にあるJAMってライブハウスだけだった。二つしか返って来なかったので自ずと、その二つのライブハウスでのライブが、初めての東京になった。2011年の2月8日にはじめて下北に行った。とにかく全てが輝いていて、本当に楽しかった。トップバッターのバンドがリンダリンダラバーソールという曲をやっていた。翌日はこれまた初めての新宿に行った。新宿はとにかくデカくて、とにかく臭くて、とにかく汚くて、とにかく美しかった。色々な人達が馬鹿でかいゴミ箱のような街でがむしゃらに楽しんで生きているように感じた。JAMというライブハウスに呼んでくれたのは内藤重人という男だった。その人は逢って早々に、ツアー行かない?と言ってきた。めちゃくちゃな話だけど、僕はそれがめちゃくちゃ嬉しかった。そして、また5月にJAMに行けることになった。イベント名はJAMFES。その時がはじめての開催だった。朝から次の日の朝まで24時間ぶっ通しのイベントとの事で、僕らは三回出させてもらった。あの時もらった音楽における宝物のような時間があるから、僕は今でも歌っていられる。
それからJAMFESには毎年のように出て、上京してからもフロムTokyoで出たり、ソロで出たりした。リンラバでも四人で出た。
そして、2017年に新宿JAMが無くなって僕がJAMに出勤する時に乗っていた自転車も無くなった、というか撤去されだけだけど。僕は新宿JAMで3年くらい働いていた。

と、この辺まで書いたとこで、指が進まず、書けなくなった。5月6日の14:30にJAMFESでの僕のライブは終わった。JAMFESでやるのは初めての曲だけのセトリ。でももっと最新の曲だけでライブしたかったのが本音。

僕の思うJAMFESって何があれば成立するんだろう。今日は新宿JAMの店長だった石塚さん、一緒に働いていた同僚の矢野さんや野口さん、そしてシゲさんやアサトもいたり、新宿JAMの副店長だったカズマさんが西永福JAMの店長だったり、ホームイズのヌマタさんや、アイムホームの石垣さんもいて、あの日の新宿を思い出していた。でもなんだろう。みんなそんな事思い出してないみたいな気もした。この気持ちはなんなんだろう。

まるで何も無かったみたいだ。
もしかしたら僕の気のせいで何も無かったのかもしれない。新宿JAMなんて気のせいで、あの場所で起こった事は幻だったのかもしれない。
そんくらいまるで何も無かったみたいだった。
今日のそれはあの日のJAMFESではなかった。こんな時代なのももちろんあるけど、あの日のJAMFESとは全く別物だった。
新宿のあの感じが焼きついて離れないで、そこから僕は未だに踏み出せてないのかもしれない。
楽しかった。あの頃本当に毎日楽しかった。
あの頃良く話していた友達やバンドマンはどこへ行ったのだろう、そんな風に僕も思ってもらえてるかな。
詩を歌いたい、バンドがやりたい、と初めて思った気持ちに似ている。

僕はここにいて、ずっと忘れないでいるよ。


2021年4月29日木曜日

new order

 


久しぶりのBLOG。
なんだか照れ臭い。
誰かが見てるから書く文体というのは
なんだか照れ臭い。

生活の為に働いている時間以外はほとんどの時間を音楽を聞いたり歌ったり、ホラー映画のこと考えたり、FFやバイオの新作の事を考えたりしているだけ。寝起きや、嫌なことがあったり疲れたりしたりするとメロディが浮かぶので、それらを携帯に録音していつか新曲になればいいなと沢山録り溜めている。もうしばらく悩んだり迷ったりしていないし、僕は何をしていようが音楽をやっていないと人間として成立しない人間だ。音楽をやるモチベーションは色々な理由があるけど、友達も誰も居なくなっても、何もかも失っても体さえ残ってれば声さえ出れば歌っていると思う。
そういや、楽しそうなピエール瀧を久しぶりに見た。電気グルーヴのYouTube。友達とずっと音楽やってるのってたまらないんだな。色々あったかもだけど、オレは別に気にしてないし、どうでもいいと思ってるよ、って友達なら伝えたい。とにかくずっと元気に好きな事気持ちよくやっていける人生であればいいよな。迷惑かけたっていい。最低でも良い。とにかくそばで一緒になんか楽しそうな事やって欲しい。オレもバンドやりたい。胸躍る新曲を歌いたい。

佐々木泰雅
フロムTokyo

2021年3月20日土曜日

バンド

 

久しぶりのBLOG。

下北で未完成VS新世界の澤田さんとちょこちょこ逢ったりする。
僕はあまり誰かとご飯を食べに行ったり、
何気なく逢ってお茶したりとかをほとんどしない。
澤田さんは定期的にそんな僕みたいなやつを誘ってくれる。いつも澤田さんから誘ってくれるから少し申し訳ない気持ちもあるが、嬉しい。
だいたいいつもの喫茶店行って、だいたいいつもとは違うご飯屋さんでご飯食べて、だいたいいつもの喫茶店でしめて15時前にはバイバイする。
天気は割といつも良い。
バンドと音楽とアニメと映画の話をする。
僕はワンピース以外のアニメをほぼ見ないけど、澤田さんがオススメしてくれたやつはなるべく見ようと決めている。次に澤田さんに逢う時にその方が話が出来て楽しいってのもある。

東京に2013年の5月に来た事など遥か昔に感じる。僕は全然東京の人じゃないけど、かと言って地元札幌の人かと言われると、もういよいよ微妙なところにきてる。
10日前くらいに札幌のスピリチュアルラウンジでライブをした。佐々木泰雅(フロムTokyo)とリンダリンダラバーソールとして。どちらもすごく楽しくて、僕は本当にライブと歌う事が好きだと思った。一人の場合は新らしい曲をなるべく歌うというのがとても大切なんだけど、リンダリンダラバーソールをやる時はそうじゃなくても楽しい、それはやはりバンドだからだし、友達とやるからに他ならない。だから、また東京でもバンドやらなきゃなーと感じた。定期的に感じてはいる事だけど、いよいよやらないとやばいなってとこまできてる。でもどうやってまたやったらいいんだろうなー。
友達と呼べるような人に出逢えるだろうか。というか友達とじゃなきゃバンドやれないんだろうか。友達以外とバンドやるってどんな気持ちなんだろう。今まで東京で一緒にやった人達を思い出してみた。みんな友達だなーと思った。やっぱバンドやるならちゃんと友達とじゃなきゃ嫌だなって思った。

澤田さんが僕を誘ってくれるみたいに、僕も誰かを誘ってご飯にでも行ってみたら良いのかもしれない。友達じゃない人とこれから友達になってみようと思ってみれば良いのかもしれない。




2020年12月10日木曜日

東京の海/2020.12.9

 

二度と戻らない
沢山の青き力
口に出せないだろう
素直な言葉を
きっともうダメなんだろうな
きっと決まってるんだ

思い出していた
あなたを あなたを
あなたはわたしを
思い出さないよ

二度と逢う事も無いだろう
きっと決まってるんだ

僕は死にたいと思った
希望の船は港を離れた
ドブのような東京の海を
素潜りする

歌いたくて 歌いたくて
大海でただ溺れ消えてく
どこにいても 僕のままで
生きれはしなくって
二度と帰らない日々

謝りたかった
歌っておくれよ
口に出せたらいいね
素直な言葉を
でもきっとまだダメなんだろう
今は最高じゃない

世界であなた一人は
僕を思い出してくれているかな
それだけで僕は
始まりの気持ちで

歌えるから 話せるから
大海をただ泳ぎ生きれる
どこにいても 僕の事を
忘れないでね
二度と逢えなくっても愛しい人

佐々木泰雅
フロムTokyo



四季の詩/2020.12.9

 

春の声に耳を澄ませてた
桜は歌う メロディ
伝えたくて別れの海岸
わたしも歌う メロディ

木枯らしに舞う
人恋しさで
仕立てたコート羽織れば
凍えてても
歩き出せる
心泳ぐ風の町

季節越えてあなたに逢いにゆく
願いを込めて メロディ

冬空に咲く一輪の花
白銀と咲き誇れば
枯れ果てても
歌い出せる
心泳ぐ風の町

夏の海に君を感じてた
潮騒のような メロディ
伝えたくてあなたに逢いたくて
命の限りに メロディ

佐々木泰雅
フロムTokyo


稲妻の人/2020.12.9

 

粉々になった星達を一つに交ぜて
細胞を砕いて血液に感情を込めて
揺らめいてはためいて砂になる
揺らめいてくだまいて人になる

億千回目の夜に
したためた手紙を
スペースシャトルで打ち上げよう
Fly 暗い銀河(うみ)を越え
最果てと最果てに同じような日が昇る
覚えのない怒りとともに

方程式を解く前に見ていた朝日
遥かなる時間を旅した生まれたての気持ち
揺らめいてはためいて土になる
揺らめいて種蒔いて土地になる

億千回目の朝に
身に覚えない手紙が
シャトルと一緒に墜落してる
無題 由来 不明でも暖かい
枯れ果てて破壊された大地に雨が降る
忘れたかった怒りに染みる

私の言葉が、稲妻を二分したならば
死の淵で、闇が正当だと言い切らないでくれ
若さは、日暮れに燃えさかり
怒り狂い老齢に牙を剥け

佐々木泰雅
フロムTokyo

寡黙な男の旅/2020.12.9


たったひとりということを意識する
再認識する
世界の全てが敵に思えた時
僕は無敵になれた
白塗りで紫のコートを着なくたって
怖いものはない
少しだけ寂しそうに笑う

暖かい家があろうと
友達がそばに居ようと
愛する人に愛されていようと
僕は誰のものでもないということを意識する
再認識する
世界の全てが闇だと思えた時
僕は光になれた

寡黙な男は泣いていた
忘れ去られた路地裏で
夏の夢を見ていた

寡黙な男は分かっていた
だから寡黙な男は笑っていた
誰かが話す幸せに
自由はないと知っていた
寡黙な男は分かっていた
だから寡黙な男は黙っていた
今頷いてしまう事が人を殺すよりも
罪が重い事を知っていた
世界の全てがくだらなくなった朝
僕は僕の道を歩き始めた

寡黙な男は泣いていた
忘れ去られた路地裏で
夏の夢を見ていた


佐々木泰雅

フロムTokyo