2018年11月5日月曜日

凍りついた暗闇の坂道を上るワンマン10.28



佐々木泰雅単独公演は終わった。
やっと文章がまとまってきたので、いや、まだまだとっちらかってるけど、なんとか読める程度にはまとまったので読んで下さい。



未完成VS新世界の安田さんが書いてくれていたので、僕からもちゃんと書きます。ってとこから始めます。

2018年に入り、自分が真っ直ぐに思いを寄せるバンドと、佐々木泰雅のバンド編成「フロムTokyo」でツーマンイベントを春夏秋冬で開催しようと思い立った。
春は弱虫倶楽部、夏はザ・ラヂオカセッツと。
そして10.28が本来だとツーマン企画の秋編、未完成VS新世界とのツーマンの予定だった。

7月末頃に未完成VS新世界のボーカルである澤田さんを下北に呼び出し、一緒にやりたいという話をした。澤田さんは「音楽辞めます」ってわざわざ言いに来たのかと思ったわー、と笑ってた。メンバーにスケジュール確認してみるね、とその時はそんな感じで終わった。
あと、8月4日のmole楽しみだね、って話もした。

8月に入ってまーまーすぐに澤田さんから出演快諾のラインが来た。僕にとっては夢のような出来事だった。そんな日がいつか来るなんて夢にも思ってなかったからだ。

8月の中旬頃、澤田さんが嬉しそうに話してくれた。8.11に吉祥寺planetKでのライブが今までで1番良いくらいのライブだったそうだ。
その時点での次のライブが10.28の僕とのツーマンだったみたいだ。

そして、
8.25の新宿LOVE TKOでの僕のワンマンの2、3日前に澤田さんからラインが来た。
申し訳ないがライブに出れない。
という内容だった。
理由は話せない、とも書いていた。
僕は話せるようになったら教えて下さい、と伝えた。

8.25のワンマンに未完成の安田さんが見に来てくれた。でもそん時もまだ理由は言えないと言われて、知ったのはそれから3日くらいしてからだ。

澤田さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/aikotarou/archives/52526042.html

ドラムの青山君のお父さんは有名なドラマーで山下達郎さんのバックバンドを担当したりしていた、というのを僕は8.25のワンマン終わりに自分が選曲した会場BGMの事をネタに安田さんに、達郎さん聞きますか?と話しかけた時に知った。まだその時には僕は何も知らない時だったし、偶然それが達郎さんの曲だったのは不思議だなと後から感じた。
一時期同じ職場に青山君の親友が働いていて、一方的に青山君の話を聞いたりしていた。一年に一度一緒に富士山に登る仲だったそうだ。

澤田さんから青山君の事を聞いた瞬間に、10.28は1人でやろうと思った。
バンドのワンマンにしようとも思ったし、その他いろいろな事を考えたが、一人でやろうという気持ちはどうしても揺るがなかった。
20代そこそこのうだつの上がらない僕が、札幌のライブハウスで未完成を知って、それから幾度となくライブに足を運んだし、CDを聞いてきた。どれだけ影響受けたかわからない。ホントに好きだった。もちろん今この瞬間も。勝手にライブでカバーしたり、路上でも何度も何度も未完成の歌を歌った。

僕の一方的な片思いで10.28を生み出したのだから、自分でそこは決着つけて抱きしめてやらないといけない、そんな気持ちと覚悟で迷いは何にもなかった。

一人でやると決まってから思ったのは、感じた事を自由にやれるという事だった。逢いたい人にこの機会に逢いに行こうという事で、逢いに行った。
僕の東京での暮らしに綺麗な飾りを付けてくれた大切な人達です。












当日は、開場から開演までakira kosemuraさんのIts On Everithingというアルバムを丸々流した。素晴らしいアルバムなんです、これ。

そして開演から3時間、34曲を歌った。もちろん持ち歌全部やるとかそんなんではなく、セットリストとして考えてこの曲達になった。

1.1986
2.夢で逢えるなら
3.アンドロメダ
4.DAYS
5.under
6.July
7.ブラックジャックと牛乳瓶
8.12月革命
9.夏の背中
10.アンセム
11.WE ARE THE ROMAN'S
12.ロマンズ君からフレンズ君へ
13.それだけの歌
14.死んだ日々
15.僕に強い感情をください
16.神様になりたい
17.Christmas Eve In The NYC
18.恋して東京
19.Mr Tokyo Under Ground
20.マイフレンズアンセム
21.サンキューエレキギター
22.友達の唄
23.後ろ姿のまま
24.君に彼氏が出来た夜
25.サヨナラミュージック
26.美しい人
27.セブンティーン
28.プライマルスクリーム
29.あなたは花になって
30.フロムTokyo
31.アーケードソング
32.レインマン
33.ぼくのうた
34.はるにれ


そしてギターのディレイが鳴り止んだ時、単独公演は終わった。

お礼をしている間に終演BGM、Adelleが歌うディランのMake You Feel My LOVEを流してもらった。
ゆっくり頭を上げてギターを置いてステージを去る時、鳥肌が止まらなくなってそのまま楽屋前で横になった。
会場からは終演BGMの二曲目、RadioheadのTrue Love Waitsが流れていて、僕はそのまま少しだけ眠った。
自分が歌いたい歌をこんなに長く歌えた事が贅沢でとても幸せに感じた。

安田さんが楽屋に来てくれた。
嬉しかった。
そして少しだけ、すいません、と思った。
でも、本当に嬉しかった。




11.4
神奈川県川崎市元住吉powers2の楽屋で一人でこれを書いている。

僕には伝えたい事があって、僕には届けたい思いがあって、僕には歌いたい歌があって、聞いて欲しい人がまだまだ胸の中にいた。
今夜8曲歌って、まだまだ何か心が叫んでいる。
どうしようもなく不器用で、下手くそで、音程外して、声が枯れて、体が壊れても、まだまだ歌いたい詩があった。


佐々木泰雅単独公演は終わった。
やっと文章がまとまってきたので、いや、まだまだとっちらかってたけど、なんとか読める程度にはまとまったので読んでもらいました。


「フロムTokyo」はもう気が済んだから大丈夫だけど、佐々木泰雅は続いていく。


心の底から、音楽を愛しています。