2021年7月28日水曜日

しらけちゃうね

 

今日もBLOGを書いてみる。

歌詞を考えていてとにかく歩いてる。
東京の街は沢山の人が居て、歌詞を考えるのには不向きだ。
でも、それは僕があんまり人が居ない街で生まれたから、ってだけかも知れない。
だから、歌詞を考えるのに不向きだ、って事を歌詞にしてみる。
そうやって、今まで色々な事に見切りを付けずに順応してきた。
生まれた街を出て東京に住むというのはそーゆー事だと思う。
沢山の人が居て、沢山の価値観を感じて触れて、自分をもっと知る機会に変えてゆく。

渋谷の宮下公園が見違えるくらい改築されてて驚いた、そして、若者たちで溢れていた。
それはとてもドキドキして、なんだかとっても嬉しかった。
何年も前に、under、という曲のMVを改築される前の宮下公園で撮った。カメラマンの惇君と二人で、エレキギター を地面に叩きつけて破壊する、ってゆー映像を撮った。
改築された綺麗な宮下公園じゃ、そんな映像を撮りたいとは思わない。
変わったことで、良いとこと悪いとこがある。

4時間くらい歩いた。
そろそろ家に帰ろうかな。
歌詞も少し書けた。

2021年7月24日土曜日

ずっとだ。

 


誰が見ているのか分からないBLOGを更新してみる。
どうやら何人かは見てくれているらしい。
アクセスがある。もちろん誰かは分からないけど、0じゃない限り何かしら書きたい気持ちにはなる。
夏だなー。めちゃくちゃ暑い。
年々暑さにも寒さにも弱くなって来た。
東京来て一年目はクーラー使わなくてもなんとかなったのにな。
でもやっぱり夏のワクワク感は年を重ねても無くならないね。
ここ最近は新宿JAMで良く対バンしていたバンドやシンガーの事を思い出していた。
YouTubeで久しぶりに歌っているとこみたら、すんごく面白くて当時より笑ってしまった。
特にアザラシの夜という曲はとても良いなーと改めて思った。
みんな元気にしているかな。
僕はきっとずっと音楽好きだし、生み出していたいし、またとっても笑える感じで再会して、かっこいいライブやりあえたらいいなと、思っている。
ホントだよ。

2021年7月18日日曜日

命を巡らせる

 

自分の詩を聞く深夜2時。
窓に映った自分の姿の先に新宿の街が広がる。
バンドをやりたくて東京に来たんだと思い出す。
毎日が必死過ぎて音楽なんてやる余裕がなくても、コツコツ録り溜めて来た。
アルバムを作ってる。
全ての工程を一人でやってみたくて、やっている。誰にも届かなくたって、意味がある。
自分の為に音楽やりたくて、バンドで歌っていた時の気持ちがそれだからだ。
いつから誰かに届かないとダメだなんて思い出したんだろう。
自分の為にもっと音楽を作れたら良かった。
僕は生まれた意味を詩に残したい。
自分がこれからも生きていけるように、そして自分が生きてきた道が確かにあった証の為に。
必ず自分でアルバムを作って、それを聞いてほしい。
そして最悪だれも聞いてくれなくたって、それでも胸を張れるように、ちゃんと出来る限り一人でやり遂げたい。
生きてる事を後悔しないように。
僕が生きてる事に何か意味がありますように。

また、
夏が来る。