2019年9月1日日曜日

黙れ

もしも詩を歌えなくなる日が来るとしたら
そんな事を、詩を歌いながら考えていた。

2019.9.1
豪徳寺leef room

1.青春のその先へ
2.本当の詩を知る
3.under
4.レインマン
5.夢で逢えるなら
6.12月革命
7.ぼくのうた

4月以来の豪徳寺だった。
あの日は昼に職場の結婚式があって、僕はそこで歌った後に、豪徳寺に向かったんだった。
結婚式で歌わせてくれた先輩は、もう子供を産んだ。
僕は産まれる前のその人にも歌おうと思って歌詞を書いた。

もしも詩を歌えなくなる日が来るとしたら、、
そんな事を4月のその日も考えていた。
よく晴れた日だった。



もしも詩を歌えなくなる日が来るとしたら、
僕は最後になんて歌うだろう。
最後の1曲はなんだろう。
誰のイベントだろう。
どこのライブハウスだろう。
誰がPAなんだろう。
必ず最後は来る。

いつか来るその日に、もう何も残っていませんように。
もう何も歌いたい事なんて有り余っていませんように。

Queenのライブ音源を聞いている。
この声はもうこの世にいない人の声だ。
なのに音楽は永遠だ。
凄い事だ。
そんな音楽を、詩を、歌いたいだけだ。



佐々木泰雅
フロムTokyo