2020年9月18日金曜日

夏、またね

 あー。

また随分と久しぶりになってしまった。
BLOG。
出来る限り誰が見てるから、、どうとか。
そういう事は考えないで書きたい。
今思ってる事、今思い出してる事。
出来る限り素直に、すーっと書けますよに。
ってゆーかいつから書いてない、、?
まーいいか、、。
明日までに完成させたい新曲があり、この後朝までスタジオに籠る訳です。
スタジオは大好きで、毎日いつもスタジオにいて、なんならご飯とかも、全然寝泊まりもしたいくらい。隣でバンド練やってると、どむどむうるさいけど、そうじゃなきゃしーんとして最高。僕は、曲をどうにか作る時は、どうにか絶対完成させれるように、追い込みます。サウナみたいに。窮地に立たされて何が生まれるか、に期待して来ました。本当はそんなんじゃダメなんだけどね。
出来る限り素直に、すーっと書けたらいいのにね。
今夜はほんとはシゲさんのライブ行きたかったし、アサトにも逢いたかったなー。リンラバのみんなにラインしたけど、なんだか何も出来なかったなー。切実で最強な楽しい音楽やりたいなー。何よりまたみんなに逢いたいなー。
企画したら集まってくれないかな。ライブが無理なら遊ぶだけでもいーや。まだダメかな。年末とか無理かな。下北で遊びたいなー。クソみたいな世界だな。最近は、GODってバンドのDOGってアルバム聞きまくり。踊ってばかりの国の下津くんの別バンド、ほんといい曲書くよねー。

8.1のキヨゲンのキヨシさんとのツーマンで湘南の方へ小田急で向かった、そんな一日から夏が始まったんだ。会場に着いたらキヨシさんの後ろ姿が見えた。ストレッチしてた。ママさんがまだ寝てるかもしんないから泰雅来たら起こしに行こうと思っててさ、って挨拶代わりの一言。キヨシさんの歌は優しかった。僕はキヨシさんの曲を一曲カバーした。むじょう、というバンドの方と一緒に帰った。フジロックの話をした。

夏は強烈だった。
みんな暑過ぎてびっくりしていたけど、なんだか少し嬉しそうだった。
音楽の事ばかり考えながら、真面目に働いたりして、たまにゲームをしたり、ホラー映画を見たりした。
先日、IMAX搭載の映画館で、5度目くらいのインターステラーを見た。本当に良くて、とてつもない気持ちになった。

夏が少し遠ざかった気がした。
2年ぶりくらいにカメラマンのユリと逢った。ユリの木公園のベンチで二時間くらい話して、一つ先の駅でまた二時間くらい話した。何話したか忘れるくらい色々話した。久しぶりで嬉しかった。

夏がまた少し遠ざかって、小さくなって行った。
僕はもう何度目の東京の夏だ、なんて考える事もないくらい東京に普通に馴染んでいた。
魔法はとけて、人間としての正常な力だけが残った。
スタジオの電気を消して、真っ黒いドラムセットを見つめている。

あの日見た映画のように、黄昏の風の中で、
何処までも行きたいのだ、ただそれだけ

ただ、それだけの事なんだ


佐々木泰雅
フロムTokyo

0 件のコメント:

コメントを投稿