2016年12月31日土曜日

2016.12.31



"わたしも花になって"レコ発ツアー
12.28 と12.29 どちらも新宿JAM
終えて12.7からのツアーも6本目が終了
これでオレの2016年のライブは終わった

2016年12月31日
昨年の大晦日にフロムTokyoでカウントダウンイベントをJAMでやってバンドは一度無くなり僕もステージに立つのをしばらく辞めた。
何故辞めたのか。結局それも上手くは伝えられないんだけど、、何の為にやっているのか、何の為に歌っているのか、何の為のバンドなのか、どうして音楽が好きなのか。根っこにある一番初めの部分。意味なんて無くていいじゃん、楽しければいいじゃん的なニュアンスで、上手く逃げれる人はいいんだけど、僕は自分でも把握出来ないくらい、勝手に自分を縛り込んでしまうみたいで、その自分は音楽をやる事、バンドをやる事の揺るぎない理由を欲しがってしまうんです。
結局それは「愛」でしかない。
「愛」のある事は意味に理由に近い気がした。

そもそも僕が音楽を好きになったのは14才でmr.childrenの「口笛」を聞いた時だ。音楽って「いいな」って初めてはっきりと実感した。
そしてGOING STEADYの「童貞ソーヤング」を聞いて、初めて音楽で泣きそうになる経験をした。あの時、僕もバンドやりたい、そう思った。

あの時聞いた優しい「口笛」のような詩を歌える、そんなバンドをやりたい、きっとそう思ったんだ。

僕は自分自身の音楽への愛を確かめたくて、一度ステージに立つのを辞めてみた。その間、ホントの事言うともう二度とステージに立たないのかもな、とも思った、何度も。バンドもやらないかもしれない。SNSやNETだけで配信したりする形で音楽やってみよっかなとか、いろんな事を考えた。サウンドクラウドに詩をアップしてみたりした。隣の部屋への音を気にしながら小さく歌ってみた。ダサい話だが再生回数を見て、あ、聞いてくれてるんだなーと、励まされた。
その延長でって訳じゃないけど、iPhoneで録った音源を欲しいと連絡くれた方に無料で送るってのをやってみた。僕は欲しいと言ってもらえた事がホントに嬉しくて、ホントにホントにありがとうと思った。

2016.7.29の新宿JAM ThreeQuestionsの少年の叫びというイベントからまたステージで歌いたい、そう思った。

そして、たくさんライブをした。
7ヶ月28日の日々を支えてくれた友達やイベンターとまたライブを通して再会出来る喜びを噛み締めた。

そのライブの日々の途中。
僕の人生でとても大きな事。
リンダリンダラバーソールを2016.10.1に復活させた。させたというかさせてもらった。
過去に言ってもらえた言葉。SNSで見かけた言葉。メンバーの存在。京の存在。リンラバを大切に思ってくれる自分を含めるたくさんの存在に後押しされ、復活させてもらったんだ。




僕は、フロムTokyoで、バンドで、東京で一番かっこいい存在になるという事を諦めないし、それしかない。

フロムTokyo、とはなんなのか。

僕は上京して間も無く、自分の全てを否定されるような出来事にあって、、その時に全てを失ったような気持ちになった。僕の存在は札幌にも、東京にも、どこにもいないような気がした。でもオレは今東京に住んでいて、確かに此処にだけ存在して、生きてる。ただただその存在証明をするしかないと思った。バンド名を決める時に、フロムTokyo、しか候補は無かった。今此処にいる事を証明するバンド名は、フロムTokyoが最高だと思った。

たくさん馬鹿にされた。
悔しかったが、当たり前だ、フロムTokyoってバンド名なら東京で一番カッコよくないと、ずっとダサいと感じた。
そんな日々のなかで、今でもフロムTokyoというな名前を支えているのが「レインマン」という詩と、見放題のDai-changがくれた言葉だ。
Dai-changは2014年の2月に出会った。見放題という大阪のサーキートイベントの福実行委員長だ。初めてあった大阪千日前の夜、札幌出身なのにフロムTokyoってなんかえーな、かっこえーやん、って言葉をくれて、フロムTokyoを見放題に出演させてくれた。そして「レインマン」を2014年見放題コンピCDの一曲目に抜擢してくれた。
見放題が終わって少し経った頃、Dai-changから電話が来た。
「佐々木泰雅VSササキタイガとか、なんかおもろいワンマンやってるみたいやね。見てるよ。今度ミナミホイールと見放題のコラボイベント、見な放題があるんだけど、泰雅出えへん?泰雅出てくれたらおもろいと思って。」

僕は食い気味で「出ます。」と答えた。
そして見な放題が終わった10日後にDai-changは亡くなった。
Dai-changはオレの背中を精一杯押して、押すだけ押して、そしてもう逢えなくなってしまった。
Dai-changはフロムTokyoというバンドや精神を全力で肯定してくれた。


_______


そして、それと同じくらい、リンダリンダラバーソールをやりたいと思った。リンダラバーソールでしか歌えない歌があった。それを二度と歌わない自分の人生は全然面白くないし、京とゆっちと外山君と音を鳴らすというのは、ホントに最高だ。それだけだ、と、言葉にしないのはずるいが、ホントに最高だ、の気持ちに尽きる。

どちらもかっこいいと思うし、面白いし、何よりこの世界に必要な音楽を放てる存在だと思うんで、好意を持ってくれるなら応援して欲しい。


僕は欲張りだと思う。でも、それしかない、のだ。
僕の音楽の仲間や友達になって欲しいと思った。

"わたしも花になって"レコ発ツアーの5本目 12.28のライブ後に話しかけてくれた対バンの奴らや、12.29のライブ中に見たあいつの目やそれを見て熱狂するお客さん、楽屋で話した言葉、電話の向こうのあいつの声や、、忘れてはいけない輝きが幾つもあって眩暈がしたが、僕は絶対誰よりもそれを見落とさない男になりたいと強く思った。
それがフロムTokyoとリンダリンダラバーソールのボーカル 佐々木泰雅なのだから。


2016年が終わる。
2017年はたくさんライブをして、たくさんの仲間や友達に巡り逢いたい。混沌とする時代の中、自分の信じるモノを武器に突き抜けて行きたい。そしてどんな時も何があっても、あの、優しい口笛のような詩、を歌うという事を忘れないでいたい。

"わたしも花になって"レコ発ツアー
まだまだ続く。

2017.1.6 北海道札幌moleにて
SAKE祭10にフロムTokyoとして、リンダリンダラバーソールとして出演する。やばすぎる夜だね。

そして2017.2.8 下北沢SHELTERでの但野正和(最終少女ひかさ)とのツーマン
これは絶対来て欲しい。約束する。絶対後悔させない。絶対来てくれ。


______________

ここまで書いて、そろそろラブ人間のケンジに逢いに行ってくる。

2016年、マジありがとうございました。
2017年、飛躍します。よろしくお願いします。

また。




0 件のコメント:

コメントを投稿