それが素晴らしい事かのように。

 

疲れたのでマスクを外して深呼吸をする。
冬の乾いた冷たい風が気持ちとリンクして
体が軽くなる気がする。
新宿のど真ん中で深呼吸が気持ちがいいなんて、相当僕は汚れているね。
それ以上に何かに疲れてしまうなんて、悲しい事だね。
もっと軽やかに生きられないもんか。
どうでもいい事に、どうしようもないくらい一生懸命だな。

ぼぉーっと路上で突っ立ってると、今時の感じの若者とそれにくっついてる若い女が話しかけてきた。
イヤホンをしていたから何を始め言ってんのか聞こえなかったけど、どうやら夢を追う人の靴磨きをしているらしい。。磨かせて欲しい、らしい。
嫌だ。めちゃくちゃ嫌だ。
汚れているのが生きてきた証じゃないか。
それよりシガーロス聞いている最中に話しかけるんじゃねーとかガラの悪い事を思いながら、丁重に断った。

疲れているのも頑張った証だし、
ガラの悪い事を思っても優しく接すれるならいい。
新宿で深呼吸して気持ちが良い僕の汚れた身体も、
全部生きてきた証じゃないか。
何度も何度も全クリしたファイナルファンタジー7のディスクは傷だらけだし、部屋のフローリングのニスは剥がれている。
アコースティックギターの弦は錆びるし、フレットは削れる。
歌えば歌う程に喉は枯れるし、たくさんのデータを保存すればパソコンは重くなる。

時計の電池は、今を刻み続けるからいつか止まる。
それは僕も一緒で、
その全てを携えて、新しい旅に出よう。

コメント

人気の投稿