2019年4月12日金曜日

花嫁と男と、


さて。
詩を歌う日は明日です。
佐々木泰雅の価値観や考え方や感じ方や感覚や方向性、そして魂を見せるステージです。
つまり全部を披露する舞台。

いつになっても震えてしまいます。
それはただ事ではないからです。
楽しいなんてもんではありません。
でも自分にとってはそれが生きている、という事の表現なのです。
答えはわかりません、終着地点も見えません、ですがこの胸のドキドキが示す暗闇の先の何かは何となく、いやはっきりとわかるのです。

「今」だけが、暗い宇宙の真ん中にぽつんと浮かんでいて、僕はそれを青い炎で燃やし尽くします。

佐々木泰雅
フロムTokyo

0 件のコメント:

コメントを投稿