2017年11月20日月曜日

11.20

私の窓。
11.19の新宿西口を14Fから見下ろして書いている。トランプ大統領が来日した時もそうだったけど、西口のロータリーには黒いバスがよく祝日とかになると集まってくる。今日は微かに君が代が聞こえてきた。

11.16
夜21時半くらいにTHE BOYS&GIRLSのシンゴを呼び出し新宿東口にある安い居酒屋に行き、本当いつぶりかわからないくらい久しぶりにゆっくりと2人だけで話した。しょうもない話しばかりした。出逢って10年近い。でもこんな風に話した事はほとんどない。23時過ぎくらいに閉店し解散。またこんな風に話すのは10年くらい先かもしんない。わからんけど。

11.18
三年ぶりくらいに美容室で髪を切った。いいもんだった。肩より長くなった黒髪は床にバッサリ落ちて、美容師さんはそれをホウキで掃いていた。その美容師さんは江ノ島の方に住んでいて、駅の近くにあるオッパーラというカレー屋さんにはいいバンドがライブしに来るという話をしてくれた。オッパーラという名前はブルハーブがライブした会場として知っていてその話で盛り上がった。横須賀のジャズ喫茶や逗子の海岸の話もしてくれた。美容室に行きたくないのは美容師さんと話さなくちゃいけないような気がしていたってのもあったけど、その美容師さんとは自然に話が出来た。なんだかんだ3時間くらいいて、会計し帰宅。またこんな風に話すのは三年くらい先かもしんない。わかんないけど。

一度家に帰りその足で新宿へ。
西武珈琲という店でハートたちのみつるとお茶。みつるとこうやってゆっくり話したのも、そもそもあんましなかったなーと思った。みつるとはどこかが圧倒的に食い違ってて、どこかが圧倒的にハマってるようなそんな友達。とにかく何かあれば駆け付けてくれたり背中をぶっ叩いてくれる奴。1時間くらいだったけどまたこんな風に近いうち話せたらいい。

そのまま新宿のルノワールに移動しカメラマンの惇君に逢う。惇君と逢う時ってのはいつもどこかまんをじしてたり、ここぞって時が多い。自分にはないたくさんの魅力を持っている。でもどうしてかいつもより友達のような距離感で話せている自分がいた。惇君が撮りたいと思えるように今までもこれからも生きていたいと思った。


人生のかなりの時間を新宿という街で過ごすようになった。この街が好きな理由は、1人になりたくても1人にさせてくれないし、誰かといたくても1人にさせられるところだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿