2017年10月31日火曜日

10.30

私の窓。
10.30の東京の日の話。

雨が少し降り、風がめっちゃ強い日。
いつぶりだろうか、久しぶりのビーハプに出演させてもらう為に渋谷LUSHへ向かう。
そうか、10月の末は渋谷はハロウィンの真っ只中か、と、ゾンビ達と警察官を横目に慣れた足取りで宮益坂を登ってキンコーズの前で左折のいつもの道。
着くと大野翔平という男が歌い始めるところで、一瞬挨拶した時の感じが良い意味で引っかかり、ライブを全部見た。最後にやっていた、あした、という歌が凄く良くてグッと来た。それを翔平に伝えるととっても喜んでいて。そこから翔平が鹿児島から上京して来た事、その日暮らしの清大と友達な事、札幌にも良くツアーで行っていて、ローグで長津さんにジンギスカン振舞ってもらった事や、最近モトヨシ君と知り合った事や、、出るわ出るわで話しが尽きなくて30分くらい。セットリスト変えようかなと思うような出逢いだった。

その後、共演を心待ちにしていた元ひらくドアのタカユキカトーさんのライブを見た。何度も何度も聞いた、ミニアルバム、という歌を二曲目にやってくれて本当に嬉しかった。セットリスト全部いい曲だった。

22:40過ぎ頃。
自分の出番が来た。8月のライブ以来に使う登場SEに背中を押してもらい歌い出す。

1.マイフレンズアンセム
2.under
3.July
4.アンドロメダ
5.レインマン

今年の2月8日に当時最終少女ひかさのボーカルだった但野正和とのツーマンを下北沢SHELTERでやってから、オレの何か大事なモノが一つ終わってしまって、それから自分はどんな風にライブをすれば良いか、何を指標にして進めばいいのかわからなくなっていました。ですが、今日のライブでその突破口が少しだけ、ほんの少しだけ開けたような気がします。それは結局、自分を育て作ってくれた先輩方の歌の中に光があったんだと思います。LUSHのステージで自分が誰よりも自分の詩、信じてあげれました。それは本当に嬉しい事でした。

帰りはビーハプの水口さんとタカユキさんと一緒に渋谷駅に向かう為、宮益坂を下りました。慣れた足取りだと思ってはいたのですが、やっぱり、あぁ、東京だなと感じる自分がいて、その混沌を真っ直ぐに突き抜けるような詩がその日の自分のセットリストの最後の曲で良かったと感じました。

自分の詩を歌うという事。
誰かと似ている部分はあるモノの、やはりやらなきゃいけないのは自分の詩を歌うという事。そして自分らしくあるという事。そしてそれを信じてあげる事。
もう後戻り出来ない道をだいぶ前から歩み始めて、そのスタートや道すがら出逢った先輩や友達の歌を灯台にして、それだけを信じてなんとかここまで生きてきたんだ。
自分の詩を歌うという事。歌い出した声、ギターのストローク、髪の動き、リズムの取り方、メロディ、言葉、それを放つ先を見据える目。自分の詩を歌うという事を笑
ってもらったり、楽しんでもらったりしたい。それ以外の方法やなんかで場を誤魔化してキッズを騙すような事はオレには出来ないし、そんな事をするくらいなら死んだ方がマシだ、とオレは勝手に先輩方の歌から教わった。

もしもこの道が間違っているのだとしたら、死ぬ寸前で自分に影響与えた歌達の事を恨みながら、その音源を棺桶に全部ぶち込んでオレごと燃やしてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿