2016年12月1日木曜日

03 DAYS


DAYS

暗い坂を登る
どれくらい行けば辿り着けるだろう
あの丘の向こうに希望の光が
あると信じて今夜も地を這う

深い穴を進む
どれくらい行けば辿り着けるだろう
あの闇の向こうに希望の光が
あると信じて今夜も地を這う

左手に満月を
右手に太陽を
純血とは直線と曲線の交差点

さぁ行こうぜ
闇を切り裂いて
踵を鳴らして
憂鬱を振り払って
歌を歌って
たった一人で見つけた答えを
信じるDAYS

永遠に逢わなくてもいい
別れなどあるはずもなく
思い出して振り返ってばかり
後悔ばかり
それでも今を信じる力と
勇気をくれた君を信じてみたい

左手に砂漠を
右手に愛しさを
自由とは記憶の中だけにあるのか
今この瞬間か
まだわからない

さぁ行こうぜ
大好きな詩を
裏切ったとしても
全てが嘘になってしまっても
消えてくれなかったオレたちの命の詩

さぁ歌おうぜ
声が枯れても
体が壊れても
逢いたい人に逢えるその日まで
たった一人で見つけた輝きを
信じるDAYS

0 件のコメント:

コメントを投稿